うたまっぷ  
UTAMAP SPECIAL REVIEW
 
黒瀬真奈美 6代目東宝「シンデレラ」黒瀬真奈美 歌手デビューします!
 
  黒瀬真奈美

やっぱり言葉を覚えていくのは小説なのかなぁって。

──詞はいつ頃から作られていたのですか?

詞は中1くらいからパソコンで書いてたんです。昔はホント日記だったんですよ。普通に“今日なになにがあった”とか“なになにが悲しかった、嬉しかった、楽しかった”とか。それが徐々に詞になった感じですね。でも高校に入る前、東京に来るときに全部一回消しちゃって。高校に入ってから、またちょくちょく。

──どんなときに詞を書きますか?

何かに感動したとき、考えごとをしているときとか、あとは何でもないんだけど急に書きたくなったり。言葉が浮かんだときはケータイにメモしたりして。それを家に帰ってから清書します。それは手書きですね。 テーマは恋愛の場合もあるし、こんなことで感動したっていうのもあるし…いろいろですね(笑)。 でも作詞となると、とにかく集中しないと書けなくて。だから7時くらいにテレビを見ながらとか、そんなのは絶対出来ないんですよ。やっぱり夜。夜行性なんで、夜集中型ですね。

──趣味は小説を読むことだそうですが、作詞に影響を受けますか?

結構サスペンス系が好きで、中学校のときはシャーロック・ホームズとか読んで。小学生のときは漫画ですけど“ブラック・ジャック”、赤川次郎さん、世界偉人伝、そういうのばっかり読んでました。あとハリー・ポッターも。影響を受けるというより、やっぱり言葉を覚えていくのは小説なのかなぁって思います。

私の歌を聴いて何かを感じてくれたりしたらいいなぁって思います。

黒瀬真奈美

──歌手デビューの一方、月9ドラマ“太陽と海の教室”に出演中ですが、歌と演技にどんな思いがありますか?

子供のときに映画“バック・トゥ・ザ・フューチャー”を観てすごく面白くて、“タイムマシーンが出来たらいいな”って思ったんです。だから、私も演技で夢を与えられるようになりたいなぁって思ってます。子供が大好きで、子供たちが観て喜んでもらえるような作品に出演できたらいいですね。
歌は……撮影でタイに行ったとき、市場のおばさんがとても親しく話しかけてくれたんですけど、やっぱり何を言っているのかが解らなくて、ちょっと寂しかったんです。そのとき語学を勉強したいって思ったのと、歌だったら言葉が通じなくても、いろんなところで誰でも盛り上がれるなぁって思って。そうですね、私の歌を聴いてみなさんが盛り上がってくれたり、何かを感じてくれたりしたらいいなぁって思います。



──歌手活動の今後の予定は?

8月5日の映画“ハムナプトラ3”の来日記者会見でミニライブを行いました。初めて人前で歌ったんですが、緊張っていうよりすごく楽しかったです。そのあとの予定も決まったら、ブログとかメールニュースでお知らせしていきます。みなさん応援してくださいね。

黒瀬真奈美ニュースレター大募集中!今なら限定壁紙プレゼント

 
August 8, 2008
(C) 2005-2006 utamap.com All Rights Reserved.
Next Back Back