SHE IS SUMMER│うたまっぷレビュー
うたまっぷ
UTAMAP review
心地良い音と言葉の響きが奏でる新章の幕開け!プロデューサーに片寄明人を迎えた1stミニアルバム『hair salon』8月1日リリース!!
NEW
『hair salon』
『hair salon』 [初回盤 CD+DVD]
amazonから購入
ミニアルバム
SIS RECORDS / Being
発売:2018.08.01
SCL-004
¥2.778(税抜)
『hair salon』 [通常盤 CD]
amazonから購入
ミニアルバム
SIS RECORDS / Being
発売:2018.08.01
SCL-005
¥1.833(税抜)
収 録 曲
〈CD〉
01.CALL ME IN YOUR SUMMER
歌詞 試聴 PV視聴
02.会いに行かなくちゃ
歌詞 試聴 PV視聴
03.未知を探す
歌詞 試聴 PV視聴
04.エンドロールの先を歩く
歌詞 試聴 PV視聴
05.生活
歌詞 試聴 PV視聴
06.女の子の告白
歌詞 試聴 PV視聴

〈DVD〉
2018.4.1 WATER TOUR @ SHIBUYA WWW X
(収録時間:約30分 / Director Hiroki Sugiyama)
(mirage)
WATER SLIDER
NIGHT OUT
あれからの話だけど
女の子の告白
とびきりのおしゃれして別れ話を
うしろめたいいい気持ち
コメントもどんどん投稿しちゃおう!
もっと歌詞を見る
Official Web Site
公式twitter公式ブログ公式Instagram
公式youtubeチャンネル
<Profile>
エレクトロポップユニット“ふぇのたす”のボーカル“みこ”としてメジャーデビュー。
2016年4月より“MICO”のソロプロジェクト“SHE IS SUMMER”として始動。同年8月1st E.P「LOVELY FRUSTRATION E.P.」をリリース、リード曲「とびきりのおしゃれして別れ話を」は、YouTubeの再生回数が210万回を突破するなど、リアルなガールズマインドと独特の世界観が支持され、高感度な音楽ファンから熱い視線を浴びている。
2017年6月には、待望の2nd E.P.「Swimming in the Love E.P.」をリリース、タワレコバイヤーによる名物企画6月度邦楽“タワレコメン”にも選出。同年年11月に発売された1st ALBUM『WATER』は、オリコンウイークリーインディーズチャート3位、i-tunesエレクトロチャート1位を記録。11月にアルバムレコ発記念企画ライブを渋谷クラブクアトロで開催、2018年3月から初の東名阪ワンマンライブ「WATER TOUR」が全公演SOLD OUTを記録。
また、MICO名義で、声優、CMソング、feat等の歌唱など幅広い活動を行なっており、今春“ユニクロ”の2018SSブラトップのWEB CMに歌唱、出演を果たし話題を集めている。
SHE IS SUMMER「CALL ME IN YOUR SUMMER」

SHE IS SUMMER 1st MINI ALBUM「hair salon」DVD TEASER

ユニクロのWEB CM出演が話題を呼ぶなどファッション、カルチャーのPOPアイコンとしても人気を集めるMICOのソロプロジェクト“SHE IS SUMMER”が、片寄明人をプロデューサーに迎え制作した自身初のミニアルバム『hair salon』をリリースする。高橋海 (LUCKY TAPES)、原田夏樹(evening cinema)、宮野弦士のレギュラー作家陣に加え、河原太朗のソロ・プロジェクト“TENDRE”、ロックバンド“odol”のキーボード・森山公稀、同性から圧倒的な支持を集めるシンガーソングライター“コレサワ”が新たに参加し完成した1枚だ。ということで、SHE IS SUMMERのMICOに直撃インタビュー。本人いわく「私が生きている軌道がそのままに詰まったミニアルバム」の制作経緯から、アルバムタイトルや収録曲に込められた想いを聞いた。心地良いサウンドと言葉の響きをより意識して制作したと語る今作は、まさにSHE IS SUMMERの新章の幕開けを告げる作品に仕上がったようだ。

私が生きている軌道がそのままに詰まったミニアルバム

──1stミニアルバム『hair salon』について、MICOさんは「私が生きている軌道がそのままに詰まったミニアルバムが出来上がりました」とコメントされています。どのような想いで制作され、「私が生きている軌道がそのままに詰まった」作品となったのでしょうか?
SHE IS SUMMERというプロジェクトは私が発信源なんですけど、私1人で作り上げている訳では無いんですね。特に今回は片寄明人さんをプロデューサーに迎えて制作をしていますし。ディレクターとはずっと一緒に制作をしているので、わざわざ話をしなくても、私の好みや感情がダイレクトに伝わってしまうから、それらが全部私の気付かないところでSHE IS SUMMERの活動に反映されてしまったりもするんですよね。だから、私の大切にしたい物を大切に出来るように生活する事を心掛けているんですけど、ここ半年ぐらいでよりグッと私の心境は大きく変化していて。カタチとなって表れるぐらいに変化したその軌道が、そのまま詰まったアルバムになったから、そうコメントしましたね。
──前作『WATER』の取材時に、なりたい自分を歌っていつかそうなりたいというテーマがあるとおっしゃっていました。それは理想や憧れを目指す事だと思います。今回の『hair salon』は「生きている軌道」という現実が詰まってるという事で、つまり、ご自身の理想と現実が近づいているのかなと思いました。
まさにそうかもしれないですね。まだまだなところもありますけど、最近は大分理想に近づけたのではないかなという実感もあります。これまでにリリースした3作品は、なりたい自分を歌うと本当にそうなったりするなと思っていたので、理想に向かって作品を作って行く感じでした。だけど今回は、今の私が居てこのアルバムが出来たという今までとは逆な感じだったかもしれないですね。今までとは作り方が違いますし、新章の始まりって感じがしますね。
──今回は片寄明人さんをプロデューサーに迎えています。プロデューサーを迎えて制作するのは初めてですか?
1st EP「LOVELY FRUSTRATION E.P.」は、サウンドプロデューサーとして江口亮さんを迎えています。今回ご一緒した片寄さんはサウンドだけというより丸っとアルバムを通してプロデュースして頂いたので、そういう意味では初めてですね。ただ、配信シングルとして先行リリースした「女の子の告白」の制作時は、まだ片寄さんとはご一緒していなかったですし、曲によって関わって貰っているカタチは違いますけど、「CALL ME IN YOUR SUMMER」、「会いに行かなくちゃ」に関しては、誰に頼むかというところからガッツリ一緒に作りました。
──プロデューサーを迎えた理由は?
前作『WATER』で私たちで作れる作品は作り切ったかなという気持ちがありました。その基盤が出来て、さらにもうワンステップ上を目指すために、今自分がカタチにしたい音楽を一緒に作ってくれる人を迎えたいという気持ちが強かったからですかね。基盤が無い状態でプロデューサーさんを立ててしまうと、化学反応を起こせる可能性もあるとは思いますけど、そのプロデューサーさんの作品になってしまう可能性もあるかもしれないので。だから、新たにプロデューサーさんを迎えるタイミングとしてはここが一番だったかなとは思いますね。
──片寄さんとご一緒されていかがでしたか?
本当にセンスに脱帽しました。すごかったですね。私の好きな曲や音について、かなりディスカッションをしました。意外に思われるかもしれないですけど、私はユルポップサイケみたいな音が好きだったりするんですよね。そういう感じも上手く取り入れてくれたり、片寄さんと1から制作した「CALL ME IN YOUR SUMMER」、「会いに行かなくちゃ」の2曲に関しては、今までよりも私の個人的な音の好みが反映された曲に仕上がったかなと思います。

歌詞は音のハマりと歌いたい事が両立出来るように意識して

──『hair salon』というアルバムタイトルは、制作のどんなタイミングで、どのように決められたのですか?
全曲が出来上がる前にタイトルは決まっていました。私の作品で初めて言葉自体に意味が無いんですよね(笑)。今までは全て意味のあるタイトルを付けて来たんですけど、今回は単純に音の響きだけで付けました。歌詞に関しても音の響きを大切にする事ををすごく意識して作った作品だったのでタイトルも響き重視で、言葉の持っている雰囲気、言葉から連想されるイメージを大事にして付けましたね。
──『hair salon』という言葉はどんなところから?
「タイトルは何がいいかな?」みたいな話をしている時に、「ヘアサロン的な方向性の言葉だよね」と出てきた言葉でした。「そのままは無いけど、ヘアサロン的な方向性の響きなんだよね」みたいな話から悩んでいたら、段々『hair salon』がシックリ来るようになって、もうタイトルは『hair salon』以外に考えられなくなって(笑)。
──タイトルに意味は無いんですね(笑)。でも、この6曲をまとめる言葉として、すごく合っているように思います。
そうなんですよ。だから、やっぱり言葉の持つ色や雰囲気から発せられる意味は意外と大きいなと思いました。だから、意味無く付けたハズのタイトルがシックリ来ているんだなと思います。言葉の選び方を学んだアルバムでしたね。
歌詞の書き方もそうだったんですよね。これまでの私の歌詞は、曲から巻き起こる感情を切り取って考えていたので、私自身は音のハマりがどちらかというと弱かったと思っていて。もしかしたら、それが逆に違和感を出して独特な世界を作り出していたところもあったかもしれないんですけど。今回はせっかく片寄さんと気持ちいい音を追求出来たなと思っていたので、その音をより気持ち良くする響きを意識して言葉を選んで行きました。まず音のハマりから先行して書いて、もちろんそこに自分の歌いたい事はシッカリと乗せています。音のハマりと歌いたい事が両立出来るように意識して歌詞を書きました。
──当初からミニアルバムとして制作が進んでいたのですか?
そうですね。5〜6曲のボリュームの作品を作ろうという話から始まりました。こういう曲が出来たから次はこういう曲にしようというカタチで1曲ずつ制作して、本当に全曲この作品のために作りました。配信シングルとして先行リリースした「女の子の告白」も、次のミニアルバムに向けて収録曲を作るというカタチで進めていました。
──前作『WATER』では、岡崎京子さん、安野モヨコさんの作品や、映画やミュージックビデオに影響を受けていたりするというお話がありました。今作の歌詞は何かに影響を受けてというよりも、本当にご自身の生活から紡いだ言葉のような印象を受けました。
私の好きな言葉を詰め込んだので、そういう印象になったのかもしれないですね。もちろん今回も映像作品に触発されて書いた曲もあると言えばありますけど、本当に言葉と向き合って書いた歌詞が多いかもしれないです。
──それと、MICOさんのインスタグラムに「わたしは無意識に、いろんな映画や本から本当に作者が体験して生まれたんだろうなと感じる言葉を大切に切り取ってコラージュして自分だけのセリフを作ってる気がする。そんな風にしてここまで登ってきた階段から今見えてる言葉をちゃんと残しておきたいなーとすごく思ってます。そんなプロジェクトを始動させてます」とありました。ここで言うプロジェクトとは今制作を進めているアーティストブックの事だと思いますが、「登ってきた階段から今見えてる言葉をちゃんと残しておきたい」という想いが今作にも繋がっているのかと。
そうですね。今の話は歌詞にも当てはまると思います。

心地良く身を委ねて揺れて気持ち良く聴ける夏の曲

──今作も多彩な作家陣を迎えています。幕開けを飾る「CALL ME IN YOUR SUMMER」は、ゆったりとした心地よいサウンドで大人っぽいムードに仕上がっています。TENDREさんと片寄明人さん作曲ですが、曲作りはどのように進められたのですか?
SHE IS SUMMERというアーティスト名もあって夏にリリースする事が多いんですけど、実は夏の歌を作詞した事が無かったんですよね。1st EPに収録している「君のせい」は夏の歌ですけど高橋海君の作詞です。「出会ってから付き合うまでのあの感じ」にも「夏」というフレーズがありますけど、「季節が変わっても覚えてて」と歌っているので、夏のど真ん中かというと少し違う感じに意図的にずらしています。「CALL ME IN YOUR SUMMER」はストレートに夏の曲を作ろうというところから始まりました。ただ、爽やかで楽しい夏ではなく、ジトっとうだる夏の暑さみたいな空気感を出しつつ、ライブでは心地良く身を委ねて揺れて気持ち良く聴ける曲をテーマに作って行きました。片寄さんとはかなりディスカッションをして、その中に私の好きな音を散りばめてくれています。もちろんTENDREの河原太朗さんらしさもグッと詰まった仕上がりになっているし、3人の想いが混ざり合って出来た曲ですね。
──具体的にこんな音にしたいとか?
そこまでは言ってないんですよね。新しいSHE IS SUMMERをみせたいという想いで片寄さんとご一緒したので、映像でイメージを伝えたりもせず、うだるような暑さだけれども嫌な感じはしないとか、曲を聴いた時に巻き起こる感情をどう誘発できるかを話し合いました。もう本当に信頼していたので、曲のイメージを共有した後は、片寄さんと太朗さんが私に書いてくれたらどういう曲になるのか見てみたいなって思っていましたね。
──今までよりも大人っぽいサウンドのように思います。
私も精神年齢が上がったのかな(笑)。去年の夏ぐらいから目覚ましく変化した気がするから、それがドンドン深くなって、色濃くなっているかもしれませんね。
──続く「会いに行かなくちゃ」も、ゆったり目の心地良いリズムです。先程お話に出た「君のせい」を作詞作曲したLUCKY TAPESの高橋海さんの作曲です
新章の幕開けにあたって、今までのような可愛い曲は聴き辛いなと思っていた人にもSHE IS SUMMERの音楽を聴いて欲しいという想いがあります。以前から「ラップ調の曲は声質にも合うよね」という話は出ていたので、いつか歌ってみたいとずっと思っていました。一緒にラップ調の曲を作って貰えませんかと海君にお願いしたところ、「すごくいいと思うしイメージが湧くので作れそうです」と言ってくれて、すぐに作ってくれましたね。
──高橋さんは幅広いジャンルに対応できる方なんですね。
海君はLUCKY TAPESで作っている曲、ソロで作っている曲、プロデュースで作る曲、それぞれすごく曲のジャンルが幅広いですね。普段から海君とは、私がいいと思っているミュージックビデオとかを共有していたりするので、お互いの好みをすり合わせるのも早かったかもしれないですね。
──歌詞は、誰かに「会いに行かなくちゃ」と思って書いたのですか?(笑)
そういう訳では無くて(笑)。この曲を最初に聴いた時に、狐の嫁入りみたいな、晴れているのに雨が降っている状況が頭に浮かびました。ウェットなんだけど晴れてるなと思ったんですよね。ラップっぽい曲に歌詞を乗せるのが初めてだったので、言葉の響き、音の気持ち良さを特に意識して書きました。収録曲の中で最後に出来た曲ですね。

生きてて良かったって思う日がたった1日あるだけで

──「未知を探す」は、ロックバンド・odolのキーボーディスト・森山公稀さんの作曲アレンジです。森山さんとご一緒するのは初めてですが、どのようなキッカケからお願いしたのですか?
odolさんの「時間と距離と僕らの旅」を聴いた時に素晴らしい曲だと思って、面識も繋がりも無かったんですけどオファーしてみました(笑)。今までのSHE IS SUMMERには無い、スローテンポでメロディアスな伸びる歌を歌いたかったという想いが反映されている曲です。
──歌詞に「君の髪の毛が 伸びたことに気づく 変わってる 変わってる 僕も」とあって、取材前はこの曲がアルバムタイトルに繋がったのだろうと予想していました。
この曲を書いた頃には『hair salon』というタイトルが決まっていましたね。リリースしている2作品のEPでは、リード曲とは別の曲にタイトルのカケラを潜ませるという事をしているんですけど、今回もそれをしてみました。
──4曲目の「エンドロールの先を歩く」は管楽器を取り入れた華やかなサウンドで、「思い出はシャンプーの中に」も作曲された原田夏樹さんの作曲です。タイトルの「エンドロールの先を歩く」というのは、どういう状態でしょうか?
ハッピーエンドの先を歩くっていう事ですかね(笑)。私は今まで幸せなだけで終わる歌詞を書いた事が無かったんですね。そんなものは存在しないと思っていたし、ただ楽しいところだけを切り取る事が無意味なように思えていたから。それに、人生に意味は無いと私は思っていて。だけど、生きてて良かったって思う日は確実にあって。そういう日がたった1日あるだけで、これまでの人生が全て報われたような気持ちになれる。そういう瞬間だけを閉じ込めた曲を歌ってもいいなとすごく思えた出来事が私にあったんですよね。「エンドロールの先を歩く」というのは、結末を迎えた後を歩いて行くという意味で、私にとっての結末はその日だったんです。これまで辛かった日もあったけど、今日見たいな日があるなら生きて来て良かったって思ったその日が結末。自分の人生の中で1つの結末を迎えたような気持ちになって、その日1日だけで私の人生はもう報われたまま続いて行く。そう思う日があってもいいなと思って付けたタイトルです。この先また悲しい事は起こると思うけど、そんな事すら考えず、もうこの結末だけで人生は報われたし、ここから先はその花道をただ歩くだけだなって勘違いする日があってもいいなって。その1日ぐらいは生きてて良かったという気持ちだけを抱きしめていてもいいなと思って。その想いを曲に出来たら素晴らしいんじゃないかなと思って書きました。伝わったかな(笑)。
──今のお話は意外でしたし衝撃でした。MICOさんは人生に期待している人のように思っていたので。
確かにそう思われがちかも(笑)。人生に期待して無いから期待したい事を書いていたのかもしれないです(笑)。歌の中だけでも演じている感じだったかもしれないですね。
──確かに、「未知を歩く」の歌詞には「色褪せてく未来」とあり、また、「エンドロールの先を歩く」にも「知らない未来を語ろう 期待はちょっとだけだよ/夢見るより幸せなことがある」とあります。そういうところから、今作ではMICOさんが未来に過大な期待はしていないというか、現実を見つめているような印象は受けました。
それに関しては、これまでも割とこういう考え方を持っていたんですけど、確かに今までの作品からはそれが伝わり辛かったかもしれないですね。そこはずっと思っていましたし、変わっては無いんですよね。変化する事がすごく辛かったから、時間に逆らう曲をこれまで何曲も書いていますし、基本的に私は時間に逆らいたいという想いを歌詞のテーマにしている事が多いんです。だから、考え方は変わって無いけど、それが今回の作品では、より人に伝わりやすいカタチになったかもしれないですね。
──また、5曲目の「生活」では「渾身のストーリーを刻む そんな場所で 生活する」と歌っています。どのような想いから歌詞を書かれたのでしょうか?
まさに自分の生活を歌いました。私は本当に忘れっぽくて(笑)。写真に撮ったり書き記した事だけが私の思い出になっています。だから、歌にした事だけが日々の思い出として私の手の中に入るみたいな感覚があって、それを歌った曲ですね。

ほんのりと新鮮な気持ちが残るライブを出来るように

──ラストナンバーの「女の子の告白」は、シンガーソングライターのコレサワさんの作曲です。楽曲制作はどのように進められたのですか?
多分私が書いた失恋の曲に共感してくれたんだと思うんですけど、この1年の間に、恋愛相談が書かれたファンレターを沢山貰いました。3枚にも渡る手紙を貰ったり、そんな想いで私の曲を聴いてくれているんだと思うとすごく嬉しくて。それで、皆さんの背中を押せる曲を作れたらいいなと思って、初めて自分の事では無く、手紙を書いてくれた皆さんの事を書いた曲です。
コレサワちゃんは、私とルームシェアしていたSakuちゃんから紹介して貰った友達です。私のファンはコレサワちゃんも好きという方も多いので、この曲を一緒に作れたらいいなと思って。ランチに行ったり友達としてプライベートの交流はありましたけど、一緒に曲作りをしたのは初めてでしたね。
──今回は2形態でのリリースで、初回盤のDVDには『WATER』ツアーのファイナル公演が収録されています。DVDが付くのは初めてですか?
初めてです。SHE IS SUMMERとしてライブ映像を収録したのも初めてですね。ライブ映像のディレクターは、「出会ってから付き合うまでのあの感じ」のミュージックビデオを撮影してくれた杉山弘樹さんに担当して頂いています。弘樹さんはバンド時代からずっとライブを撮って下さっていて、私が出演させて頂いたユニクロのCMも監督をしています。SHE IS SUMMERとして今回初めてガッツリとライブを収録して貰えて感動しました。ツアーファイナルをソールドアウト出来て、それをバンド時代から関わって下さっている弘樹さんと一緒に映像に残せたのは、すごく嬉しいですね。
──ライブ映像をガッツリ収録したのは初めてだったんですね。
そうなんです!なので、ちょっと緊張しました(笑)。SHE IS SUMMERは初期からパフォーマンスで魅せるショーのようなライブを作り込んでいます。『WATER』ツアーはその集大成になったなと思っているので、そういう意味でも映像を残せて良かったです。
最近はライブに対する向かい方もドンドン変わって行って、私はこういう事を日々考えて暮らしているんだけど皆はどうなのかなとか、そんな風に話し掛けるように歌うみたいなライブになっているなと思います。先日開催したコレサワちゃんとの2マンライブも以前とは少し意識が違ったので、多分これからのライブもドンドン変わって行くと思うんですよね。
──そしてライブと言えば、8月に集団行動さんと東名阪2マンツアー「避暑2トーク」、そして9月1日(土)には東京・TSUTAYA O-CrestにてSIS BIRTHDAY LIVE「26」の開催が決定しています。
今度の誕生日で26歳になります(笑)。それでバースデイライブのタイトルもシンプルに「26」としました。誕生日は9月3日なので前々夜祭ですね(笑)。せっかく歌を届けられる立場に居るので、今は私が日々考えている様々な事を歌って誰かの人生がより良くなるような、そんな影響を与える事が出来たらいいなと思っています。逆に、応援してくれている皆さんが居るから私の人生が豊かになっているんだなとすごく思っていて、最近そういう風に様々な人たちと影響し合いながら生きているって強く実感するんですよね。だから、私のライブに久しぶりに来る人、初めて来る人、毎回来てくれている人、いろんな人がいると思うんですけど、そういう出会いを重ねて生きていけたらいいなって思っています。なので、この夏からのツアーでもその想いをより伝えられるように、そしてライブに来た皆さんが日常の中で何かが変わったなと思えるようなものを届けたいなという想いがあります。さらに、今回の作品は本当に音の気持ち良さにこだわって作ったので、一緒に気持ち良く揺れて、最後は皆さんの中にほんのりと新鮮な気持ちが残るライブを出来るように追求して行きたいなと思っています。

取材・文:岡村直明

< LIVE >

SHE IS SUMMER “集団行動”×SIS 東名阪2マンツアー「避暑2トーク」
真部脩一(ex.相対性理論)率いる“集団行動”との東名阪2マンツアー

8月15日(水) 【愛知】CLUB UPSET
8月16日(木) 【大阪】ROCK TOWN
8月23日(木) 【東京】SHIBUYA WWW

hair salon music 〜1st MINI ALBUM「hairsalon」Release Party〜
8月26日(日)【福岡】kawara CAFE&DINING FOWORD福岡パルコ店

SIS BIRTHDAY LIVE「26」
9月1日(土) 【東京】TSUTAYA O-Crest
※Thank you sold out!!

ZIMA MUSIC FIGHTERS meets ライブナタリー
10月05日(金)【大阪】LIVE HOUSE Pangea
10月18日(木)【東京】恵比寿 LIQUIDROOM

※各公演の詳細、最新のLIVE情報はOfficial HPをご確認下さい。
http://she-is-summer.com/

August 1, 2018
© 2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1