大塚 愛│うたまっぷレビュー
うたまっぷ
UTAMAP review
“私が私を楽しむために”蜜をもつ女性の夢みる力、恋、秘密、そして力強く前に進んで行く姿と美しさを描く『LOVE HONEY』4月12日リリース!!
NEW
『LOVE HONEY』
『LOVE HONEY』 [CD+GOODS(ファブリック・スプレー) 初回生産限定]
amazonから購入
アルバム
発売:2017.04.12
AVCD-93665
avex trax
\4,300(税抜)
『LOVE HONEY』 [CD+DVD]
amazonから購入
アルバム
発売:2017.04.12
AVCD-93666/B
avex trax
\3,900(税抜)
『LOVE HONEY』 [CD+Blu-ray]
amazonから購入
アルバム
発売:2017.04.12
AVCD-93667/B
avex trax
\4,200(税抜)
『LOVE HONEY』 [CD only]
amazonから購入
アルバム
発売:2017.04.12
AVCD-93668
avex trax
\2,750(税抜)
収 録 曲
〈CD〉
01.HONEY
歌詞 試聴 PV視聴
02.私
歌詞 試聴 PV視聴
03.QueeN
歌詞 試聴 PV視聴
04.TOKYO散歩
歌詞 試聴 PV視聴
05.サクラハラハラ
歌詞 試聴 PV視聴
06.HEART BREAK
歌詞 試聴 PV視聴
07.モノクロ
歌詞 試聴 PV視聴
08.make up
歌詞 試聴 PV視聴
09.FrogFlag
歌詞 試聴 PV視聴
10.HEY!BEAR
歌詞 試聴 PV視聴
11.スターターピストル
歌詞 試聴 PV視聴
12.日々、生きていれば
歌詞 試聴 PV視聴

〈DVD / Blu-ray〉
私 -Music Clip-
サクラハラハラ -Music Clip-

-特典映像1-
01.とある夫婦のなれそめ
02.RounD
03.恋愛写真
04.私
from AIO PIANO vol.4
2017.2.14 ビルボードライブ東京

-特典映像2-
OFFSHOT
コメントもどんどん投稿しちゃおう!
もっと歌詞を見る
Official Web Site
■アルバム特設サイト:http://avex.jp/ai/lovehoney/
公式facebook公式twitterオフィシャルInstagram
<Profile>
1982年9月9日生まれ、大阪府出身のシンガーソングライター。
15歳から作詞・作曲を始め、2003年9月10日に、シングル「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。
2015年4月にエレクトロを基調とした7枚目のオリジナルアルバム『LOVE TRiCKY』をリリース。
シンガーソングライターとしての活動のほか、イラストレーター、絵本作家、楽曲提供など、クリエイターとしての一面も持ち合わせる。

大塚 愛 ai otsuka / 8th ALBUM「LOVE HONEY」

大塚 愛が8枚目となるオリジナルアルバム『LOVE HONEY』をリリースする。「愛しい女性」をテーマに制作された今作は、蜜をもつ女性の夢みる力、恋、禁断、そして力強く前に進んてで行く姿と美しさを表現。ドラマ『嫌われる勇気』主題歌の「私」、アートイベント「FLOWERS by NAKED 2017 ー立春ー」テーマソング「サクラハラハラ」、キットカットショコラトリーから誕生した「HEART BREAK」ほか、五感にまつわるコラボレーションで贈る全12曲を収録している。また、数多のヒット曲を輩出している笹路正徳が3曲のアレンジを手掛け、ビッグバンドをバックに艶っぽいボーカルを聴かせる「FrogFlag」もオススメしたい。『LOVE HONEY』のリリースに寄せて、大塚 愛からビデオ・メッセージが到着。メール・インタビューと併せてお楽しみください。

──8thアルバム『LOVE HONEY』は、いつ頃から制作をスタートされたのでしょうか?また、制作にあたって、特にこだわったのは、どのようなところですか?
今回のアルバムについては、アルバムの為に曲を創っていったのではなく、気ままに出来た曲たちの中から、選んで創られたアルバム、という感じです。

──『LOVE HONEY』というアルバムタイトルはどのように決められたのですか?
ぽっ!と!(笑) 思い浮かびました(笑)。

──「モノクロ」、「FrogFlag」、「日々、生きていれば」の3曲のアレンジを、笹路正徳さんにお願いしたキッカケをお聞かせいただけますか?
笹路さんとは「トイレットペーパーブルース」以来のタッグですね。
曲が呼んでいた感じです。これらの曲を彩る音たちが、笹路さんがいいな、と思ったからです。

──それでは、収録曲についてお聞きします。1曲目の「HONEY」はオリエンタルなサウンドが耳に心地良いミディアムアンバーですが、アレンジはどのように進められたのでしょうか?
HONEY=ハチミツ、ということで、「“蜜”が“密”な雰囲気」を作りたいと思って。
ハチミツの入ったツボ、ツボがある場所、人、肌などが、密に触れ合うといったところを表現したくて。
生ぬるい温度感をサウンドで出しています。

──続く2曲目の「私」は、フジテレビ系ドラマ木曜劇場『嫌われる勇気』の主題歌ですが、楽曲制作はいつ頃、どのように進められたのでしょうか?
昨年の11月にお話を頂いて、台本・プロットなどを基に音にしました。主人公の女性が社会の中で感じる、「厳しさの中にある強さ、光、希望」といった前向きなところを書きました。

──また、恋する女性の気持ちを綴った5曲目の「サクラハラハラ」は、「なまぬるい優しさなんて/体調を崩すだけだわ」というサビのフレーズや、「匂い」をモチーフにした歌詞が印象的です。「匂い」をモチーフに歌詞を書かれたのは、何かキッカケがあったのでしょうか?
きっかけは特にないんです。歌詞は音が運んでくるので、それを聞き取って、文字におこしています。

──DVD/Blu-rayには「サクラハラハラ」のミュージックビデオが収録されていますが、どのような作品に仕上がりましたか?また、撮影はいかがでしたか?(ミュージックビデオの内容や見どころ、また撮影時のエピソードや裏話など、お聞かせいただけますと幸いです)
NAKEDさん(サクラハラハラのPVを制作した村松亮太郎率いるクリエイター集団)の桜彩の面白さ、美しさが出ていると思います。プロジェクションマッピングと現実の見事な融合による、不思議感も出ています。撮影は夜中0時に始まり、朝7時に終わるというスケジュールを2日間繰り返して行われたので、体内時計が狂ってしばらくつらかったです(笑)。

──6曲目の「HEART BREAK」は、「こんなイイ女 離したこと/後悔しろ こけろ 雨にフラれてしまえ」と強がりながら、スッパリと恋を断ち切れない失恋した女性の想いが切なく響きますが、歌詞に出てくる「Y」、「O」、「I」のアルファベットには、どのような意味があるのでしょうか?
道路標識だと思ってください。
「Y」は別れ道。「O」は再会。「I」はまっすぐ進むべし。
歌詞は、「涙の中にだからこそ見える甘さ」を書きました。

──収録曲の中では、9曲目の「FrogFlag」のビッグバンドのサウンドが異彩を放っているように思います。ビッグバンドと絡み合うスリリングなボーカルにゾクゾクしますが、レコーディングはいかがでしたか?
特に意識などは深くせずに、むしろ自分がデビュー前に良く行っていた声、歌い方でレコーディングしました。
そういう意味では、とても自然体で出来た1曲です。

──そして、今作を引っ提げ、6月2日より三都市を廻るライブハウスツアー「LOVE HONEY LIVE TOUR 2017 ~誘惑の香りにYOUワクワク~」がスタートします。今回のツアーに向けての抱負をお聞かせいただけますでしょうか?
夢のような現実を、是非一緒に体感してくれればと思います。


大塚 愛

< LIVE >

大塚 愛 LOVE HONEY TOUR 2017 ~誘惑の香りにYOUワクワク~
6月02日(金) 【東京】 赤坂BLITZ 18:15 / 19:00
6月24日(土) 【名古屋】 Bottom Line 16:15 / 17:00
7月09日(日) 【大阪】 BIG CAT 16:15 / 17:00

【チケット料金】スタンディング ¥6,000-(税込) ※整理番号順の入場
※当日、別途ドリンク代が必要となります
(赤坂BLITZ/ Bottom Line:¥500-、BIG CAT:¥600-)。
※3歳以上チケット要、3歳未満入場不可。
※開場、開演時間は変更となる可能性がございます。

※各公演の詳細、最新のライブ情報はOfficial HPをご確認下さい。
http://avex.jp/ai/


April 12, 2017
© 2001~ Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1